スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金色のコルダ3AnotherSky神南

ご無沙汰してます。
今、注文したゲームが届きチマチマとプレイ中です。
ゲームは「金色のコルダ3AnotherSky神南」
「金色のコルダ3」のIfストーリーで主人公が別な高校へ編入したらどうなのかみたいなストーリーです。
ぶっちゃけユーザーからいかに金をむしりとるかなとメーカーが考えた結果なのでしょう。
第一、「コルダ3」にしてもパートボイスで発売してフルボイスで発売と言う完全版商法でした。
ストーリーはヴァイオリンに伸び悩む主人公が音楽科の星奏学院に編入して全国コンクールで各地の高校と対戦するというシンプルなもの。
今回発売された「金色のコルダ3AnotherSky神南」対戦した高校の1つです。
ゆえにストーリーは変わらず視点を変えただけ。
「金色のコルダ」との出会いは今から10年前。
今現在「無印」と呼ばれる物でした。
音楽の妖精ファータが見えたばかりに学内コンクールに出場する羽目になった主人公。
魔法のヴァイオリンを妖精から貰う、楽譜も解釈も妖精がくれます。
そこで妖精を探すため走る、走る、走る…
多くのユーザーが主人公にたいして(お前、陸上部のほうがよくね)と思ったことでしょう。
そしてこの主人公の走りは選択肢のみのゲームに慣れきったライトユーザーを切り捨てました。
コルダシリーズ最高の難易度を誇っています。
今は閉店したゲームショップで限定版などを買ってしまった黒歴史の1つです。

「金色のコルダ2」
前作であれだけレベル上げした主人公のレベルは1に戻され次々とアンサンブルでコンサートをする羽目になります。
断る選択肢を選べば即ゲームオーバーなので事実上やるしかありません。
前作でうじゃうじゃいた音楽の妖精は1人しか出てきません。
難易度は大幅に下がりプレイしやすくなっていますが、「難しい」でしか出ないイベントがあり避けては通れません。
学院の危機で力を失った妖精に力を与え学院の危機を救う合間にメンバーと仲良くなると言う欲張りストーリー。
今回もやはり主人公はマップ内を走ります。
操作しながら(やっぱり陸上部のほうがよくね)と思いました。

「金色のコルダ2アンコール」
今回も音楽の妖精は1人きり。
何故か才能を認められオーケストラのコンミスをする羽目になる主人公。
オーケストラのメンバー集めの傍らコンミスに反対する人たちにねじ伏せるためアンサンブルでコンサートを開き、その傍らメンバーと仲良くなるストーリーになってます。
メンバー集めのため今回も主人公は走り回ります。
さすがにツッコミ入れる気力もなくなりましたが、コンミスにメンバー集めや楽器調達をやらせる自体ツッコミの餌食になっています。

「金色のコルダ3」
登場人物は一新、前3作の7年後だか8年後の話です。
妖精は出てきません。
やはり主人公は走ります。
だが、今回のツッコミどころは夏場にどうなのみたいなお弁当でしょう。
お腹を壊さない登場人物の強靭な胃袋は感嘆に値します。
しかもバーベキューのシーンでは登場人物が箸で肉を引っ張るシーンが、日本の家庭教育および食事のマナーの崩壊がうかがわれます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ThanatosRing

Author:ThanatosRing
やりたいことが多いけど時間がない人になりつつある

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。